オーガスムということ

オーガスムということ

オーガスムという感覚については、男性であればほぼ100パーセントが経験のあることでしょう。しかし、これを女性に転ずると、話は異なってきます。

 

 

 

オーガスムとは、イク、絶頂、昇天、達する、アクメなど、色々な言い方で表されます。快感が一番高い地点にまでいった状態のことを言い、男性であればわかりやすく、射精の瞬間のことです。

 

 

 

女性で言えば、膣壁や子宮、肛門などの括約筋がリズミカルに収縮します。女性の様子を描写してみると、まず腰が浮き、上体が反ります。そして、下半身を中心に力が入り、呼吸が深くなってしばし止まります。頭がボォっとなる感じがし、強い快感を覚えます。

 

 

 

しかし、オーガスムは、誰でも感じることが出来るわけではありません。性感帯や性器そのものが開発されていない場合、なかなかオーガスムに至ることはできないのです。その為には、習慣的なオナニーが必要です。それでも、1ヶ月から2ヶ月の歳月を要します。さらに、クリトリスやGスポットを正しく把握し、この2点を重点的に責めてもらわなければ絶頂に達することは難しいと言えるでしょう。

 

 

 

そうは言っても、オナニーによって自分のイク感覚を一度つかめれば、どうしたらイケるかということを身体で分かることができます。

 

 

 

ちなみに女性の場合、オーガスムに達しないままでオナニーをやめてしまうと、興奮状態で勃起したクリトリスがそのままになり、興奮が冷めず、ちょっとムラムラした感じがずっと続いてしまいます。

管理人が監修した無料レポートの紹介

無料お持ち帰りレポート