危ない!オナニー方法!

危ない!オナニー方法!

いくつかの、危険なオナニー方法というのがあります。オナニー自体は悪いことではないのですが、仕方を間違えたりすると後々ダメージを受ける可能性がありますし、セックスに支障をきたす場合もあります。

 

 

 

たとえば、強迫的オナニーというものがあります。これは、叱られたり、驚いたり、また精神的に不安を感じたり、動揺したりした時に、それを打ち消すためそれへの対抗としてオナニーをしてしまうことを言います。

 

 

 

この場合、オナニーをしたいからする、というのではなく、心が不安になったことで、それを回復するために「オナニーをしなくてはならない」という強迫観念にとらわれてしまいます。一種の神経症で、専門の心療内科医などにかかり、治療が必要です。

 

 

 

また、オナニーの仕方として、尿道オナニーというものがあります。これは一般の人間はあまりしないことかもしれないのですが、尿道に細いものを差し込んで刺激をする、という方法です。私などは聞いているだけで痛いのですが、これがクセになると言う人も多くいるようです。しかし、当然ながら尿道粘膜は非常に傷つきやすく、すぐに炎症を起こします。やめたほうがいいでしょう。

 

 

 

他には、異物を挿入するというオナニー方法もあります。男性の場合は肛門に、女性の場合は膣に、ということですが、信じられないことに、よく聞かれる事件として、ワインのグラスや電球などを、肛門や膣に挿入した結果、取れなくなったり、中で割れてしまったり、ということが年に数回起こるのだそうです。

 

 

 

管理人が監修した無料レポートの紹介

無料お持ち帰りレポート