セックスでイケない?

セックスでイケない?

男性からよく聞かれる悩みとして、オナニーではなんなく射精できるにも関わらず、本番、つまりセックスにおいては時間がかかりなかなか射精できない、というものがあります。

 

 

 

セックスの悩みとしてこの本番における遅漏と、早漏というものは二大巨頭です。

 

 

 

遅漏であることの原因の多くは、心因性のものですが、これははじめてのセックスにおいてよく見られます。それまでは、自分の思うがままの刺激で射精に至っていたのですが、セックスにおいては自分の意のまま、というわけにはいきません。それどころか、膣に挿入することによって得られる快感が自分の手よりも弱い、ということもあるでしょう。その事を感じた時に、オナニーをしすぎて自分が不感症になってしまったんだと思ったりします。すると、射精にいたろうと焦るあまり、さらに射精が遠くなったりします。イキたいのにイケない、というのはかなり苦しいです。

 

そもそも男性は、ひとたび挿入したら絶対にイカなくてはならない、という変な義務感を持っています。この義務感からストレスを受けたり、緊張したりして、男性器が萎縮してしまう、ということも頻繁に起こっているようです。

 

 

 

射精の働きというのは案外繊細なもので、一度そういうことが起こると次の時にも「もしかしたら」ということが頭をよぎってまた遅漏になってしまう、という悪循環もあります。

 

 

 

これに対する対策としては、パートナーに、挿入以外で一度射精に導いてもらうことです。他人のすることで射精できる、ということを頭で理解すれば、セックスにおける射精も遠くありません。

 

 

 

管理人が監修した無料レポートの紹介

無料お持ち帰りレポート