Gスポットを刺激しよう

Gスポットを刺激しよう

Gスポットを刺激することができれば、オナニーにおいてオーガスムに達することが出来る確率は格段に上がります。

 

 

 

Gスポットとは、膣の入口から2?3センチ奥の上側にあると言われています。このあたりは個人差があるのでしょうが、ザラザラしているとも、ツルッとしているとも言われます。ここは、興奮してくるにつれふくらんできて、そこを抑えるだけで失禁するくらい気持ちいいのだそうです。自分でちょっと触ってみればわかります。

 

 

 

同じ膣の中でも、他の部位とは明らかに感覚が違うので、そこをまずは優しく撫でてあげて、ここがGスポットだ、というのを探し当てるのがよいでしょう。Gスポットの位置をしっかり把握していれば、クリを触りながら、とか乳首を愛撫しながら、とかで同時にGスポットを刺激することで、オーガスムに至ることが出来るでしょう。

 

 

 

ここをピンポイントで愛撫すると、全身の筋肉が弛緩し、足が震えてきます。おもらししてしまう危険もありますから、注意するといいでしょう。

 

 

 

Gスポットの最大の特徴が、この全身の弛緩でしょう。力が抜けてしまうのです。「体が開く感覚」ともいわれます。全然抵抗というものができなくなってしまいます。

 

 

 

さて、Gスポットを攻めるオナニーのテクニックは、まず膣の入口やクリを刺激することからはじまり、Gスポットを刺激するのですが、その刺激の仕方に特徴があります。2秒圧迫して1秒休む、そして4回弱く刺激して1回強く、というのを繰り返します。この緩急の付け方がポイントです。

管理人が監修した無料レポートの紹介

無料お持ち帰りレポート