知りたい! オナニーにまつわるあれこれ!

 

オナニーの俗説は本当か

オナニーのしすぎが害悪であるということはかなり昔から言われていたことですが、これは本当なのでしょうか。その害悪とは、例えば頭が悪くなる、とか、記憶力がなくなる、とか背が伸びなくなるというようなものです。全体的に、オナニーへの罪悪感を煽るような噂がたくさんあります。

 

こうしたオナニーに関する俗説は、枚挙にいとまがありません。そのほとんどがマイナスのイメージを持たせるもので、プラスのイメージをもたせるものはほとんどありません。オナニーはこのように、つねに罪悪感を伴って認識される、不道徳な行為であるとされてきたのです。

 

宗教的にも、キリスト教やユダヤ教などでは神の意志に反する行為であるとされてきた歴史があります。

 

ですが、ここで医学的見地にたってみると、これらの俗説があまり意味をなしていないということがよくわかります。結論を先に言えば、新宿 デリヘルでのオナニーは体に悪いどころか、健康を維持する上で必要なことなのです。

 

射精にあたって刺激される精嚢や前立腺などは、刺激を与えなければ弾性が失われ、性能が悪くなってしまいます。また、射精すると次の精液を生産する命令が脳から発せられます。これによって睾丸におけるホルモンのはたらきが活性化されます。このことは、健康を害することではありません。

 

思春期においては逆に、オナニーをしないことでストレスがたまったり、オナニーをすることですっきりして集中力が増す、ということもあります。
また、旦那が池袋の風俗へ通うよりましだと思う奥様方たちも多いのではないでしょうか。

オナニーには注意が必要

男性にとって性行為とは、突き詰めれば男性器を女性器に挿入し、それによって刺激を得、射精へと至ることを言います。もっと言えば、射精の瞬間だけに快感がある、と言っても過言ではありません。その瞬間を目指して男性は頑張るわけです。

 

一方、女性にとって男性器を女性器に挿入することは結果であり、そこに至るまでのプロセスのほうが重要であるとされます。この点が、男女の間でもっとも異なる点なのです。男性にとっては前戯などは面倒なもので、射精できれば問題ないわけです。ですからしばしば、フェラチオだけで射精してしまって女性を満足させない、ということも起こりえます。女性にとってはそれでは不満です。ですから、やむを得ず、前戯に時間をとる、というわけです。

 

オナニーにおいては、この目的は洗練されます。いわば、射精のみを目指としているものだから問題はないわけです。それも自分の手によってなされるので、その諸々の具合は自分の思うがままですし、自分の射精感によってある程度調節ができます。ですから、実際に女性とするセックスよりも、オナニーのほうが快感が強い、ということも言えます。

 

しかしながらよく言われるのが、オナニーで手っ取り早く射精を繰り返していると、その感覚に慣れてしまい、実際に横浜のデリヘルセックスするときにも非常に早く、いわゆる「三こすり半」で射精してしまう、という情けないことになる可能性もあります。これではみっともないので、ある程度我慢するオナニーもしておかなくてはなりません。

心に余裕を持つということ

旦那さんの風俗通いや浮気に対する対処法というものは、かなり千差万別で、ケースによって異なります。ですが、代表的なもの、成功例としてあるものをご紹介することはできるでしょう。

 

Mさん(49歳)の場合、旦那さんは浮気をしていて、週のうち半分ほどしか帰ってこないような状態になっていたのだそうです。それだけにとどまらず、浮気相手の存在を隠すでもなく、むしろその存在をアピールするような言動が目立っていました。

 

そんな中、私が彼女にアドバイスしたことがあります。それは、「あなた自身が、旦那さんをあまり追い詰めてはいけません」ということです。旦那さんがしていることは、Mさんから離れようとするための行為なのです。そこで、Mさん自身が旦那さんを拒否し、追い詰めることは逆効果です。

 

男性というのは、追い詰められると逃げ場を探し、そして逃げ切れないときには投げやりな行動をとることもあります。

 

北風と太陽の話しを思い出して頂ければいいかと思います。最後に旅人のマントを剥ぎとったのは、暖かく優しい太陽なのです。あなた自身が、太陽のような存在になれるだけの心の余裕を持つことが出来れば、状況は必ず好転します。

 

まとめると、「旦那さんを追い詰めない」そして、「小さな逃げ場を必ず確保しておく」「浮気をしているということを隠しているあいだは、まだあなたに気がある」ということは言えると思います。余裕を持つのは難しいでしょうが、そのふりだけでもずいぶん違います。

 

管理人が監修した無料レポートの紹介

無料お持ち帰りレポート